リサイクル・産業廃棄物処理事業/カーコーティング(ナノシャイン)の三玉環境【東京都立川市】

三玉環境株式会社 ISO EC05 J 0239
042-531-2259
三玉環境コンテンツ

リサイクル・産業廃棄物処理事業やカーコーティング(ナノシャイン)に関する様々な情報を掲載。

産業廃棄物処理Q&A

産廃/マニフェスト「紙・電子マニフェスト」の違いについて


紙マニフェストと電子マニフェストの違いはどんな所でしょうか?
今回は、産廃/マニフェスト「紙・電子マニフェスト」の違いについて書いています。

 

■マニフェストとは
産業廃棄物処理を委託した場合、マニフェストを交付する必要があります(廃棄物処理法第十二条の三)。マニフェストには紙マニフェストと電子マニフェストの二種類あります。紙マニフェストと電子マニフェストの違いを、運用方法と発生する義務の二つの視点からまとめます。

 


 

(1)運用の方法について
■紙マニフェスト
紙マニフェストは手紙のようなやり取りになります。紙マニフェストは廃棄物とともに移動し、廃棄物の運搬、処分、最終処分のそれぞれの工程が完了したことを、完了した部分の紙マニフェストの返送をもって報告されます。

■電子マニフェスト
電子マニフェストはインターネット上の掲示板のようなやり取りになります。排出事業者が委託した廃棄物の情報を書き込むことで交付したことになります。そこに収集運搬業者や処分業者それぞれが処理完了の報告を追記し、お互いに閲覧することで各工程の完了を確認します。

 


 

(2)発生する義務について
マニフェストは共通して、交付・保存・報告の3つの義務が存在します。紙マニフェストと電子マニフェストによってそれぞれの対応が異なります。

■紙マニフェスト
交付義務:廃棄物引き渡しと同時に交付
保存義務:5年間保存
報告義務:1年分をまとめて報告

■電子マニフェスト
交付義務:引き渡し日和より3日以内に情報入力
保存義務:JWNET(情報処理センター)が電子情報で保存
報告義務:JWNETが報告(排出事業者の報告は必要なし)

紙マニフェストも、電子マニフェストもそれぞれの特徴がありますのでどちらが自分の事業に合っているのか、ご参考ください。

 


 

東京都立川市の当社では、オフィス家具・OA機器類・鉄スクラップ・古紙類・産業機械・非鉄金属類・廃タイヤの買取りや処理、機密書類・機密メディア・家電品・木くず・選定くず・廃プラスチック類・照明器具・ 建設廃材・ガラスくず・混合廃棄物の処理・廃油・廃酸・廃アルカリの処理など幅広い品目を取り扱っています。お客様のご要望に合わせた、廃棄物の処理・リサイクル・買取業務など、各種廃棄物の処理コスト削減・リサイクル化・買取等のご提案をさせて頂いております。お気軽にご相談ください。

一覧へ

WHAT'S SANTAMA

東京都立川市・日野市・八王子市・昭島市・福生市・羽村市・青梅市・国分寺市・国立市・瑞穂町・武蔵村山市・東大和市・東村山市・日の出町・あきる野市を中心に、三玉環境では新世代ガラス 系カーコーティング・産業廃棄物業務で、お客様にとって価値のあるサービスをご提供させて頂いております。

自動車のガラスコーティングや、各種廃棄物の処 理コスト削減・リサイクル化・買取等でお探しのお客様は、是非お気軽に当社へご連絡ください。

詳細へ

リサイクル・産業廃棄物処理事業業

カーコーティング事業